今の時代、女性も積極的にセフレを募集することが容易になり、まさにこの瞬間にも自分からのアプローチでセフレをゲットした女性ユーザーは数多くいます。
一般的には優良出会い系サイトでの書き込みで募集するのですが、女性ユーザーならではの書き込む際の注意点があります。

 

■過激な表現は勘違いされます。
ほとんどの女性ユーザーはセフレ募集が目的であったとしても書き込む際に【セックスフレンド募集】などと直接的な書き込みはせずに、みな遠回しな表現を使用します。
【セフレ】はまれに使われますが、それでも露骨な表現をする女性ユーザーはあまり見られません。
男性ユーザー側から見ても、「Hしたい」「セフレになって」など露骨な表現を書き込む女性ユーザーは「悪質な出会い系サイトに誘導する業者かメールアドレス収集業者の書き込みなのでは?」と警戒の対象になります。
一見遠回りに見えますが、まずは普通にやり取りをしていく中で、親しくなっていった男性にアプローチを仕掛けるのがセフレゲットの近道です。

 

■セフレ関係を続けるor続けない?
出会い系サイトの掲示板でのやり取りが功を奏し無事セフレをゲットしたとしましょう。
いざ実際に出会ってセフレの関係を続けていくうち、あなたもしくは相手の方が本気になり、更に深い関係を望むようになったなら、もうセフレ関係はお仕舞いです。
お互いの気持ちが同じであればセフレでも恋人でも問題ないですが、そもそもセフレの関係を求めて出会ったお二人ですから、気持ちがズレてまっては関係を続けるのは難しいでしょう。
お互いの気持ちのズレからトラブルに発展する危険性もありますので注意が必要です。
もし一人の相手に固執しないのであれば、短期の付き合い限定でセフレを募集していくのも手段の一つです。
幸い女性ユーザーは男性ユーザーより容易にセフレをゲットできるので、試してみても良いかもしれません。