いきなりですが、18歳未満の児童との性行為は児童福祉法により罰せられます。
むろんセフレの関係を結ぶのも同様です。
実は平成20年の出会い系サイト規制法の改正以前は、登録の際に年齢確認を必要としなかったために18未満の児童が年齢を偽って登録し、児童買春や援助交際又は犯罪に巻き込まれたり加担したりと大きな社会問題になりました。
現在では優良出会い系サイトでは登録の際に【18歳未満ではない】ことを証明するために自動車運転免許のコピーなど年齢を確認できる書類の提出を行い、年齢確認を厳正に行っています。
それによって今では優良出会い系サイトでは児童買春と関わることはなくなりましたが、無料通話アプリなどのまだ規制が追いついていない環境では平成20年以前の出会い系サイトのように児童が売春に関わるなど犯罪に巻き込まれる事件が増えてきています。
児童買春はたとえ児童と知らなかったとしても処罰の対象になるので、セフレを募集するならば年齢確認をしっかりと行う優良出会い系サイトでなければなりません。

 

■年齢確認の方法
出会い系サイト登録時の年齢確認は難しいことはありません。
「自動車運転免許」「健康保険証」「住民票」「パスポート」など本人の年齢が確認できる書類を写真または写メで撮影し、その画像をメールに添付して出会い系サイト運営業者に送信するだけです。
その際年齢確認に不要な氏名・現住所・本籍地などは隠しても構いません。
必要なのはあくまで年齢が確認できる項目と書類を発行した機関の名称です。
また上記の確認書類外にクレジットカードでも年齢確認が可能です。
クレジットカードの場合、カードの画像ではなくクレジットカード番号で本人確認を行います。

 

児童買春は必ず発覚します。
それがインターネット上で募集されたのなら、犯人と児童とのやりとりのログ(履歴)が残るので、それが言い逃れの出来ない証拠となるのです。